スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天草食堂

2014.09.13.Sat.16:54
IMG_3631amakusa.jpg

天草食堂@岐阜県岐阜市  にんにくらーめん(550円)

岐阜プチ遠征4軒めはこちら。

店構えからしてオーラが違いますね。ただならぬものをビンビン感じます。圧倒されます。

お店に入ると、非常に陽気なおばあちゃん2人がお出迎え。噂にたがわず、よーくしゃべります。笑
若い子が行くと、おばあちゃんからしたらやはり怪しい?というか興味津々のようです。「どうやって調べたの?」と。ネットですよ。ネット。

先客が1人いて、常連と思しき40代?の女性。お昼から飲んだくれで幸せそうです。僕らはせっせとラーメン修行をしているというのに。テーブル席に座っていたこの女性の対面に座ります。

他愛もない話を続け、注文したのはしばらくしてから。
僕はにんにくらーめん、同行者はらーめんを注文。あと餃子も注文。

IMG_3639amakusanaka2.jpg

IMG_3638amakusanaka.jpg

注文後もグダグダ。
ホール担当の70代のおばあちゃんと、飲んだくれおばちゃんと一緒に歌謡ショーを観ます。おばちゃん、やれ「全然声出とらん、まぁー年だでしゃーないわ」、やれ「へた」、やれ「この人は好きだわ」、楽しいひととき。

1人、厨房で調理しているおばあちゃんから「中華そば足りん!中華そば足りん!」だの「餃子焦がしたからもう1回焼くね」だの、ワクワクさせるような声が飛び交います。

注文してからかなり時間が経ちましたが、ようやく餃子が。

IMG_3646amakusara.jpg

しっかり焼き目のついた餃子。餡の味は・・・なんだこれは。相当に独特な風味と妙な甘味。うまく表現できませんね・・・。未食の方はぜひ味わっていただいたいです。

しばらくしてらーめん到着。

IMG_3644amakusara.jpg

にんにくらーめんと言うだけあって、生のすりおろしにんにくがなかなか強烈。
味ですか?秘密です。おばちゃんの言葉を借りるなら「昔の屋台の味まんま」です。

昭和42年9月にオープンしたというこのお店。50年近く前の話ですね。
おばあちゃんは熊本県の天草からやってきたそうです。コチラに来た当初は別の仕事をしていたそうですが、しばらくして天草食堂をオープンしたそうな。

昔は飲食店なんてものはそうそう無く、お客さんも多かったようです。出前もかなり多かったそう。ですが時代の流れですね・・・。今は出前も近隣の方だけ、下手したら「出前じゃなくて、食いに来い」というパターンもあるようです。

いろいろお話をさせてもらって、とても楽しい時間でした。結局1時間半くらい滞在しましたね笑

帰り際は外まで見送りに。またいつか必ず来る約束をして、おばあちゃんには僕らのことを忘れないように念を押す、と。


いやぁ、面白かった!
僕からしたら、こうゆうのがラーメンの醍醐味のひとつなんですよ。味だけじゃないんです。
・・・今はね。

----
岐阜県岐阜市大黒町3-5
058-245-7237
11:30~22:30 定休日不明
スポンサーサイト
コメント
いやー
俺からしたら、偉そうなラーメンヲタクに議論をふっかけるのもラーメンの醍醐味のひとつなんですけどね。
ほんと、ラーメンの楽しみは食べるだけじゃないんですよ。
Re: いやー
まっつんさん、

いやぁ、もう勘弁してくださいよ。
アメブロのアカウント作って、アメブロガーとやりあってみてくださいよ。
まあ
それも面白そうだね
Re: まあ
> それも面白そうだね

アメーバのアカウント作ったら、名前教えてくださいね。僕も徘徊しますんで笑
No title
議論って議論になってないじゃん
あんまり笑わせないでよ

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。